本文へスキップ

過去に実施した研究

萌芽研究(2015年度)

  • 白色LED光源を用いたエネルギーの効率的利用と有用物質生産を目指した基礎研究
    柘植 知彦 准教授 (化学研究所)
  • 生命を支える有用脂肪酸の生理機能解明に資する新規プローブの開発と応用
    川本 純 助教(化学研究所)
  • 有機−無機コンポジット型プロトン伝導膜の創製
    徳田 陽明 准教授 (化学研究所)
  • エコシステムあるいはエネルギーシステムの安定性に及ぼすスケール因子と寿命の影響に関する研究
    笠田 竜太 准教授 (エネルギー理工学研究所)
  • 生体内医療用材料としてのODS鋼の適用性評価
    木村 晃彦 教授(エネルギー理工学研究所)
  • 海洋インバースダムを用いた持続可能性エネルギーシステムの社会適合性検討
    小西 哲之 教授(エネルギー理工学研究所)
  • 熱帯バイオマス生産における生物多様性確保と持続的生産・利用に向けた基盤構築
    梅澤 俊明 教授(生存圏研究所)
  • 生存基盤としての土層の寿命をはかる革新的アプローチの提案と検証
    松四 雄騎 准教授(防災研究所)
  • 自己相似性を考慮した網状流路河川周辺の生存基盤の寿命特性
    竹林 洋史 准教授(防災研究所)
  • 持続可能な国土形成を維持するための海岸保全システムの提案
    平石 哲也 教授 (防災研究所)
  • 世界的大流行の兆しを見せるデング熱の検査法の開発と現況調査
    西渕 光昭 教授 (東南アジア研究所)
  • バングラデシュにおける自然災害に対する防災・減災の経験知とその有効活用に関するアクション・リサーチ
    −生存基盤科学における地域研究の適用―
    安藤 和雄 准教授 (東南アジア研究所)
  • エネルギー制約下における東アジアのエネルギー・気候変動政策と省エネ推進
    森 晶寿 准教授(地球環境学堂)

参加部局

京都大学研究連携基盤
グローバル生存基盤展開ユニット

〒611-0011
京都府宇治市五ケ庄(宇治地区事務部内)

TEL 0774-38-4936
FAX 0774-38-3369